06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張りました。

ダン…頑張りましたが、
5月3日、朝8時から10時くらいの間に旅立ちました。

朝のお薬を飲み、、強制給餌のご飯を少し食べた後、
「チュチュチュチュ…」と鳴きました。

その時、
『もう、今日は逝ってしまうかもしれない…』
と思いました。
この日は、週1回の仕事の日だったので、
出かける前に様子を見たら、
もう、硬直していました。

半日以上そのままにしておくのはかわいそうなので
すぐにきれいにして花壇に埋めてあげました。

早く楽になりたかっただろうに、
飼い主が強制的に薬や餌をあげて、生きながらえようとしてしまって
ごめんね…。

アルちんと、姫ちんと仲良くしてね。


~ここからは余談~

ダンちんをお迎えしたペットショップは、
姫ちんと、はなをお迎えしたショップです。

ダンちんは、6,7匹のお友達(?)と一緒に、ケースに入れられていました。
兄弟なのかどうかは分からないのですが、♂♀一緒でした。

店員さんに聞くと、生後3ヶ月くらい、とのことでした。

その隣に、もう少し大きなゴルハムちゃんが4匹いました。

そのうちの1匹が黒くて、可愛かったので
触らせてもらうと、手にすがって、手のひらにちょこんと乗りました。

もともと、オスのゴルちゃんが欲しかったので
性別を見てみると、オスでした。
でも、しっぽを噛まれて、出血していました。
同じケージのハムちゃんは、女の子でした。

生後どのくらいか聞くと、半年くらいですかね…と言われました。

「???」

わたし、まだまだそんなに知識が豊富ではないと思うのですが、
半年たったゴルハムちゃんを(というか3ヶ月でも)、
複数飼い(しかも♂♀同居)していることに疑問を持ちました。

もちろん、ダンちんのことも気に入ったので、お迎えしたのですが、
その子のこともお迎え(というか助けて)してあげたかった。

お店の人に言うと、
『健康な状態ではないので(しっぽを噛まれているから)
 お渡しすることはできません。
 こちらで責任を持って、治療します』

と言われました。

2,3度交渉しましたが、ダメでした。
正直いまも不安です。
うちにお迎えしていても、助からなかったかもしれないけど、
あの環境から救ってあげたかった。
手に乗ってくれたということは、助けて欲しかったのかもしれない…

わたしが帰った後、
あの子が、隔離されているかどうかも分からない。

いままでショップを信用していただけに、不信感が募りました。

ダンちんの死は、ショップの責任とか言うつもりはありません。
コメントいただきましたが、やはり、飼育環境かな、なんていう思いもあります。

ダンちんをお迎えしてから、

『今後、ショップでハムちゃんをお迎えするのは辞めよう
 里親として、お迎えしよう』

と思うようになりました…。

お春さんも紹介されていた『LOVE&PEACE』ですが、
同じ関西圏で、片道3時間くらいの距離なのですが、

うちのハイツ、賃貸なんですが、契約書に
『ペット禁止』
と書かれていました(知らなかった…)

その保護施設から譲り受けるには、
こちら側が、お迎えしても大丈夫という証明書みたいなもの
(ペットを飼ってもいい許可書)
が必要と書かれていました。

だから、お役に立てないことが分かりました。

これからは飼えなくて困っている人のおうちのハムちゃんなど、
救える命なら、救いたい、と思っています。

ショップにもそういう子たちはたくさんいると思いますが、
ショップの利益になることはしたくない、と思うようになりました。
ちゃんとした環境で売られているショップならいいのですが、
うちの近くには、残念ながらそういうショップはありません。

これから暖かくなって、繁殖を試みられる飼い主さんも増えるかもしれません。
保護施設からお迎えすることは出来ないけれど、
温かい家庭で生まれたハムちゃんをお迎えしたいな、とも思います。

なんか、思ったことを書いているので、矛盾しているかもしれないけれど、
ここ1週間ほど考えて出した結論です。

最後になりましたが、コメントのお返事は必ずしますので、
もう少し待ってください。
(体調が悪いので…)

スポンサーサイト

テーマ : ハムスター
ジャンル : ペット

ダン、その後…。

コメントのお返事もしなくてごめんなさい…。

日記をつけておかないと、もう間に合わないような気がしてきて…。


ダンは、隔日に病院に行ってます。

今日も行ってきました。

結果から言うと、
「相当厳しい状態」
らしいです。

飼い主的にも、それは十分わかってるんですが…。

まず、ちゃんと歩けない。
ふらふらして転倒する。
ご飯を自分で食べられない。
←これに関しては、ご飯を『持てない』ことも原因じゃないかと今晩気付きました。
下痢が続いている。
尿やけで、皮膚がただれている。
←これに対しては、シッカロールをその都度塗っています。
点滴が入らない…
引っ張ると皮膚が戻らない(典型的な脱水)
強制給餌でも、ペレット2個分を、1日で食べられているかどうか疑わしい状態。
なかなかうまく入らないのもあるんですが…。

体重は、怖くて測れていません。

この連休、乗り切れないと思います。

わたしは、もしかしたら、『奇跡』が起こるかな?と期待しながら
毎日過ごしているんですけどね。
わたしの生活リズムも、ダン中心です。

幸い、はなとデネちんが元気でいてくれるので助かっています。


今日の診察の時に、
「この子は、もともと丈夫じゃなかったのかもしれないですね」
と言われたので、
「来た日と次の日は、ものすごい元気でした」
と答えると、

「じゃあ、飼育環境が悪いんですね

ときっぱり言われてしまいました・・・。

最初から、衣装ケースのような大きなケースに入れると、
保温が出来なくなって弱って行くから辞めたほうがいい、とのこと。

アルちんの時も、今回のダンも、最初から衣装ケースでした。
お迎えの時の、紙の箱は入れていました。

先生にそう言われると、
『私、これからハムスターをお迎えしてはいけないんだな…』
って思ってしまいました。
うちに来ると、きっと不幸になる…

でも、今後はなとデネちんが寿命で旅立った後も、
ハムスターを飼うのを辞める、という選択は出来ない。
この後、時間が過ぎて、ペットショップに行ったら
絶対飼いたくなる…
そう思いました。

だって、ハムスターの魅力にとりつかれてるから…。

こんな私でも、ハムちゃん、飼ってもいいですか?

テーマ : ハムスター
ジャンル : ペット

プロフィール

☆kumako☆

Author:☆kumako☆
ハムスター大好き30代主婦。
ハムちゃんを飼っている方の
ブログ訪問が、最近の日課♪

よろしくお願いします。

ランキング参加中♪

ランキングに参加しています。

♪うちにいる子たち♪

最新記事

最新コメント

カテゴリー

あなたは何人目?

~お友達ブログ~

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。